新品と中古ビジネスフォンのメリット比較!
よりお得なのはどっち?



ビジネスフォンには”新品”と”中古”、2つの選択肢が。 予算に余裕があるのなら、間違いなく新品を選ぶもの。 反対に、少しでも予算を抑えたいのなら中古も1つの手です。 ただ、いざ中古を選ぶとなると、本当にお得なのか気になるところ。

価格が安いのは当たり前として、その他のメリットも欲しいところです。 そこで、今回は新品と中古ビジネスフォンのメリットを比較していきましょう。 両方のメリットを比較した上で、どちらがよりお得なのか考えてみてください。

1.新品ビジネスフォンのメリット



価格が高いというところで、どうしても考えさせられる新品ビジネスフォン。 では、新品ビジネスフォンでまず挙げられる3つのメリットを見ていきましょう。

最新機能が搭載されている

”新品”なだけに、新品ビジネスフォンには最新機能が搭載されています。 近年、ビジネスフォンとインターネット、携帯端末(スマホなど)との連携が。 いわゆる”IoT(モノのインターネット)”がビジネスフォンにも広まっているのです。

反面、インターネットと接続されたことで、第三者による不正アクセスのリスクも。 ビジネスフォンが入り口となり、オフィスネットワーク全体が危険にさらされるかもしれません。 新品ビジネスフォンにはリスク対策も充実しているので、セキュリティ面では中古より安心です。

メーカー保障が残っている

”新品=未使用”ということで、新品ビジネスフォンにはメーカー保証が残っています。 一般的なメーカー保証は1年間、中には2,3年というメーカーもあります。 メーカー保証は期間内であれば、不具合に実質無料で対応してくれるというもの。

当然、中古ビジネスフォンにはまずメーカー保証は残っていません。 ビジネスフォンは精密機器なだけに、ちょっとしたことで不具合を起こします。 少なくとも1,2年のメーカー保証があることで、導入後すぐ故障するリスクを防げる訳です。

”バックアップ方式”が標準

ここ数年の間に発表された機種、新品ビジネスフォンには”バックアップ方式”が標準装備されています。 バックアップ方式とは、ビジネスフォン内に短期記憶装置(フラッシュメモリ)を搭載したもの。 万が一、停電などで電力供給がストップしても、バックアップ方式によりデータを守ってくれるのです。

中古ビジネスフォンによくある機種だと、バックアップ方式に対応していないこともあります。 電話帳はもちろん着信履歴や不在履歴、音声録音などビジネスフォンには様々なデータが。 重要なデータをいかに守っていくかは、ビジネスフォンを導入する上で考えておきたいところです。

2.中古ビジネスフォンのメリット



新品ビジネスフォンの1番のメリットは”メーカー保証が残っていること”と言えるでしょう。 では、次に中古ビジネスフォンで挙げられる3つのメリットについてご紹介します。

新品に比べて半額ほど

”中古”というだけに、中古ビジネスフォンは新品に比べて価格が半値ほどに。 一般的な新品ビジネスフォンの価格が10,000円前後なのに対して。 中古ビジネスフォンになると価格は5,000円前後とお得に購入できます。

また、人気のない機種によっては価格が半値以下で提供されていることも。 中小規模で10,20台、大規模になれば100,200台というのも珍しくありません。 1台あたりの価格を抑えられる、安く導入できるというのはそれだけで魅力的なことです。

基本機能は搭載されている

中古と言いますが、中古ビジネスフォンにも基本機能はしっかり搭載されています。 例えば、外線に内線、転送に保留、電話帳などビジネスフォンに欠かせない機能です。 最新機能は期待できませんが、基本機能だけなら新品と比べて同じもの。

機種によっては録音機能やメッセージ機能など、便利機能が搭載されているものも。 ”中古(安い)=低品質”というのは間違いで、新品に比べて機能がちょっと少ないだけ。 「基本機能さえあれば十分」という方にとって、中古ビジネスフォンは十分な選択肢です。

”掘り出し物”もある

”中古=古い”という印象ですが、実は中古ビジネスフォンにも”掘り出し物”もあります。 というのも、起業した事業者のおよそ8割が5年以内に廃業するというデータが。 こうした事業者もビジネスフォンを導入しているわけで、廃業と同時に中古市場に流れます。

つまり、中古ビジネスフォンの中には購入されてから1,2年と状態の良いものがあるということ。 ビジネスフォンが1,2年で技術革新することはほとんどなく、機能的には最新と変わりません。 中古ビジネスフォンの販売店にもよりますが、何社か回ってみると意外と掘り出し物に出会えるのです。

3.まとめ



今回は、新品と中古ビジネスフォンのメリットを比較してみました。 新品ビジネスフォンのメリットは以下の3つ。

  • 最新機能が搭載されている
  • メーカー保障が残っている
  • ”バックアップ方式”が標準

中古ビジネスフォンのメリットは以下の3つ

  • 新品に比べて半額ほど
  • 基本機能は搭載されている
  • ”掘り出し物”もある

潤沢な予算があるのなら、間違いなく新品が買いでしょう。 しかし、状態さえ良ければ、新品も中古もそれほど機能に差はありません。 少しでも予算を抑えたいのであれば、中古ビジネスフォンがおすすめです。

ぜひ紹介したメリットを参考にして、新品か中古のどちらがベストなのか検討してみてください。



NEW POST







THANKS FOR READING




Created by BlackTie.co - Copyright 2018 中古ビジネスフォンの販売価格調査!